メディア


http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17553720S7A610C1NZBP00/ 今年の就活は売り手市場にもかかわらず、インターンシツプには下の学年が 殺到している。どうなっているのか。 大学の講義にも、合同説明会にもどっと押し寄せる学生たち。 インターンシップで就活を有利にしようとしているのは間違いない。 売り手市場といっても不安なのだ。 まず、やりたいことがわからない。 どうしていいかわからない。これではうまくいきそうにない。 そうだ!インターンシップだ! これに行けばいろいろわかるらしい。 とりあえず、インターンシップ! さあ、人混みをかき分け、行くぞ!インターンシップ!!

日経新聞連載「就活のリアル」6/12 インターンシップ狂想曲


この雑誌のタイトル、ぐっと来る! 一人でも生きていけるように!と私もキャリアデザインの講義で連日、女子学生には力説している。私は都内の女子大学3校で非常勤講師をしている。 女性活躍推進を大学生のうちから教えているというわけ。 結婚は29歳が平均。 まずはそこまでいかに生きるか。 節約や小さな投資はあたりまえ。 その前の原資となるものをまずは稼がなくては! 30歳、その先は? 結婚もいいけれど、それは相手があることで、不確定なものだ。 しかも、結婚は安定のためではないはずだ。 それなのに! 男性の成婚率は収入が高いほど高くなる。 それって??? パートナー選びはお金のためじゃない。 女性も一人で生きて行けるように準備しておこうよ! まずは一生働ける仕事を! 女性活躍推進の制度を待っていては自分の人生では実現できない。 今私たちがすべきことは、そんな仕事の選択だ。

『ひとりでもお金に困らない人生!』 アドバイス






【新聞連載】 読売新聞 火曜日朝刊 「就活ON」女子ナビ 月に一回 日本経済新聞 月曜日夕刊 「就活のリアル」 隔週 【雑誌連載】 AERA with baby 「主婦の再就職」 毎号 サンキュ 「働きママン ビギナーズ」 監修コメント 【オンライン連載】 日経カレッジカフェ 「コミュ力アップ講座」 隔週 キレイスタイル アラフォー総研 「コミュ力☆きらり」 エキサイト 育休から復帰した「新米ママ」たちへ 働くママへの応援歌 http://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1463460587117/ とらばーゆネット 子育てママのお仕事相談 http://toranet.jp/contents/career_skill/career/12223/  

代表 上田晶美「就活のリアル」日経新聞 「女子ナビ」読売新聞連載中!